介護事務に向いている人|介護事務

介護事務に向いている人

介護事務に向いている人

介護事務といってもデスクワークだけでなく、窓口業務、介護スタッフとのスケジュール調整、サービス利用者との雑談などあり、また、書類作成、綿密な介護保険計算など、細かい業務もあります。

 

これらの業務をこなすことが苦にならず、かつ人とのコミュニケーションが好きな人に向いています。
介護事務の仕事は、介護報酬の計算・書類作成など、正確さが求められるので、根気と責任がいる仕事です。

 

じっくり物事を計画的に実行する人、もともと事務処理が好きな人に向いています。
実際、事務処理は毎月のうち10日間くらいで業務はコンピュターシステムがしてくれるので、簡単だという人もいます。

 

残りの時間は介護職員の助手的なことをすることが多いようです。
介護事務職はデスクワークが中心なので、ある程度事務職に向く性格の人でないと務まりませんが、逆に根気がなく、大雑把で細かいことが嫌いな人・人と接するのが嫌いな人には向きません。

 

実際、介護事業者が採用する際、人と接するのが好きで明るい性格の人という条件を一番に挙げています。
細かなデスクワーク作業が嫌いで、高齢者と接するのも嫌だという人は、初めから介護事務の仕事に応募しない方がいです。

 

また、介護業界でのキャリアアップ、人脈を広げたいという人にも向いています。
もともと、介護職全般に言えることですが、この業界で働く人は、人とのコミュニケーションが好きな人でないと長く勤め続けることができません。

 

介護職員として働いていたけれども体を壊してしまい、体力的にきつい介護職から介護事務に転じた人は、介護業界での人と人とのコミュニケーションに未練があり、やめるのは思いとどまったそうです。             
こういった理由から介護業界て事務として働き続けている人もいます。。


ホーム RSS購読 サイトマップ